TOP

OTサイバーレンジを用いたCTF形式のインシデント対応訓練

仮想企業の制御システムに対するサイバー攻撃のインシデント対応CTF形式で体験する
セキュリティトレーニングサービスです。

概要

制御システムとセキュリティ両方の知識と技術を持つ人材育成に。

仮想企業の制御システムに対するサイバー攻撃のインシデント対応を CTF形式で体験することで、お客さまの制御システムセキュリティ人材育成を支援します。

実機を用いた演習環境

CTF 形式の演習

アイコン
講師がお客さまの元へ訪問

アイコン
多数の実績を有する講師と高品質なコンテンツ

メニュー

座学と演習の3メニューでしっかり身に付く。

近年の制御システムの特徴を踏まえた、サイバー攻撃の脅威や対策を座学と演習を組み合わせて学習します。

制御システム
セキュリティ基礎

OTサイバーレンジを
用いたインシデント対応

アイコン
演習シナリオの
解説と対策の要点

提供価格

講義内容、開催時間など、お客さまのご要望に応じて個別のお見積りをいたします。

※価格の目安については、サービス紹介資料をご参照ください。
※詳しくは、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご相談ください。

実績

中央大学 国際情報学部さまの事例

インド太平洋地域向け日米サイバー演習、セキュリティ・キャンプ全国大会やIPA産業サイバーセキュリティセンター(ICSCoE)での講師実績を有する当社の目黒が、中央大学 国際情報学部(iTL)さまの講義「ICTケーススタディ(セキュリティインシデント)」に登壇しました。

講義の様子は、TOiNXバーチャル・ショールーム内で公開中です。ぜひご覧ください。

お客さまの声

実際に受講いただいたお客さまの声をご紹介します。

関連コンテンツ

2022.09.06

制御システムサイバーセキュリティ演習サービス【サービス紹介】

Read More
2022.05.10

「ICSCoE Report」に掲載!萩生田経産大臣のICSCoE視察を当社社員が対応しました

Read More
2023.05.25

NATOサイバー防衛協力センター主催のサイバー防衛演習 「Locked Shields 2023」に当社社員が参加しました

Read More
2022.05.10

「ICSCoE Report」に掲載!萩生田経産大臣のICSCoE視察を当社社員が対応しました

Read More